日付:2015/09/14
スタッフコラム
タイトル:木村 明夫 フィロソフィ P69
フィロソフィ手帳 P69  全員参加で経営する
 
 昨日、豊田店が閉店しました。今まで来ていただいたお客様やスーパー、テナントの方々にお世話になり、互いに頑張りあった店舗が閉店することは非常に残念でなりません。時代の流れで周りも変化していく中で商売し続けることは本当に大変なことだと改めて感じました。最近は撤退やセルフ化など厳しい状況もありますが、既存店でそうならないようまずは精一杯努力することが必要です。商品の改善、レイアウト、企画、オペレーションなど本当に全てできているか見直すことが重要だと思います。お店は各部署の集大成なので、商品の発注や販売方法なども個別に各部門とのコミュニケーションを取り合うことも必要です。会社では統一化が進み、効率は良くなってきています。最前線の店舗では効率、平準化も大事ですが、時には型を破ることもお客様の目を引くことに繋がります。みんなでコミュニケーションをとることによってそれぞれ改善されれば社内の風通しも良くなりますし、スタッフ、お客様の満足にも大きく貢献できると思います。
自部門では商品や消耗品など数多く仕入れていますが、扱っているものは、ほぼ定番商品です。それをお客様やスタッフに飽きさせないよう常に発信しなくてはいけません。その発信に対して店舗スタッフはどう思っているのか、何か分からないことはあるのか?何が知りたいのか?・・。お店の声を実感することは今後のやり方にも繋がるので、時々エリアマネージャーを通じてラウンドをすることも大事なことかと思います。一方的ではなく、みんなで参画することの重要性を改めて感じました。

  経営理念 : 私たちは仕事を通じて生きがいのある職場を創造します

仕事は部門ごとに違いますが、同じ方向に向くのが会社です。みんながどんな仕事をしていてどんな成果をあげているのか・・細かい部分は分からないことも多々ありますが、花を広めるという同じ方向で目標を掲げ、何をすべきか行動し続けなければいけません。その中で楽しんで仕事をすることも大事で、楽しむことはいろんな面で良い影響を及ぼします。笑顔が増え、言葉の張りも良くなり、前向きになるなど自分の仕事をやる中でその楽しさを見出し、周りにもその気持ちが浸透するのが理想です。そういう気持ちをそれぞれが持つことによって更に明るい職場になるはずです。自分の持ち場のみならず、協力の心で取り組みます。