日付:2010/01/05
社長挨拶
タイトル:花まつ物語 ┃ 花まつ青年の家族
ここで忘れてはならないのが、妻の都志江さんである。
なぜ「さん」が付くのか解説しておこう。
都志江さんは青年よりひとつ上の姉さん女房なのである。
そう、青年は金のわらじを履いて探し出したのだ。
どこで探したかというとそれは、花市場である。
かわいいお花たちとともに花市場で出会い、青年の一目惚れでデートに誘い
その日のうちにプロポーズしたのである。
つまり、花市場で新鮮な花に出会い、花嫁さんにも出会ったのだ。
どこまでも花と縁がある青年だが、今まで出会ったかわいいお花たちの中でも
一番よい出会いをしたことに現在でも自信を持っているのだ。
待望の息子も授かり、青年に勇気と希望を与えてくれている。
都志江さん
留里子
久美子
匡 純
これが花まつ青年の愛する、素敵な家族なのだ。