日付:2010/01/06
社長挨拶
タイトル:花まつ物語 ┃ 花まつ青年の快進撃
長女の留里子が生まれる直前、
ちょうど今から11年前(1994年)に、花まつ青年は、本場の花屋の勉強、
視察のため、花の国オランダに渡った。
ヨーロッパの花文化の中心であるオランダの花風景は、
青年に鮮烈なカルチャーショックを与えた。
まさに、目からうろこといった様だ。
世界一の花流通量を誇るアルスメアー花市場では、花流通を学ぶことになる。
街角にはオシャレでかわいい花屋さん。
まさに花文化が生活に溶け込んでいるのだ。
こんな風に富山県、日本もオランダのようになるといいなと、
花まつ青年は大きな夢を胸に抱き帰国した。
そして、花まつの快進撃はスタートしたのである。
年間約7店平均で出店を重ね、現在約60店舗のフラワーショップチェーンに成長した。
花の持つ神秘性に深く感動、共感し、そして花たちに応援され、
その花に集うフラワーアソシエイト(スタッフ)は300人になった。
「日本一花のある富山県を目指そう」を合言葉に、
大きな夢に向かい一歩ずつ成長中なのである。