日付:2014/03/10
スタッフコラム
タイトル:HS事業部 清水なつみ
【月間テーマ】:ビジョンに向かって仕事に取り組もう!
【今週の質問】:職場におけるあなたのビジョンは何ですか?

会社全体としては花を通して、幸せな気持ちになれる人を増やしたいという事です。
そのために、最初は、花まつというブランドだけだったところから、ブライトネスというブライダルのブランド、ローマ字の花まつ、HS、大阪のフェニックス・このか・ふわりなど、より多くのお客様のニーズに答えるためにブランドを増やしてきたのだと思います。
売り方や、価格帯が違うので、アソシエイトの中でも、色々な考え方があると思いますが、
私は少し高くてもこのお店で買いたいと思える、店をつくっていくことが目標です。
また、ブライダル部門では、安くないけれど、他と違う提案があるということで選んでもらえることが目標です。
①そのために、お客様がどんなものを欲しいと思っているのかをお店のアソシエイトと共有すること。
②原価は押さえてもきれいに見える、デザインを考えること。
③新しい商品ができたら、その特徴、販売目的をお店のアソシエイトに伝えること。
④販売した結果をデータに残して、振り返りをすることが大切だと思います。
購入するのも人ですし、販売するのも人です。その商品、または企画にどんな目的があるのかどんな思いがあるのか、
ということをお客様にもお店のスタッフにも伝えることで、買うのならこのお店という、
視点でご覧いただけるのではないかと思っています。

【経営理念】:私達は無限の成長、繁栄の永続を目指し挑戦します。

先日、大阪のホテルチームの研修に参加させて頂きました。
金澤先生がブライダルチームのフェアにおけるプレゼンの仕方について講義をしてくださいました。
先生はコンセプトという言葉を何回も使っておられて、ものを作るには必ずコンセプトがある。
その商品を作った意図が無ければ、またそれを伝えなければ選んでもらうことはできないと、おっしゃっていました。
そのためには、ブライダルチームにおいては、技術力・知識力が大切で他と競うには、
これを磨かなければならない。講義を受けていて、最近の自分を振り返ると、こういった努力をしていなかったと、とても恥ずかしくなりました。
価格で安さを売りにしない。また、あまりできないブライダルという部門、
デザインで選ばれるお店を作りたいという目標をたてた以上、レッスンにも参加したり、
流行にも敏感になって成長していきたいと思いました。