日付:2014/04/14
スタッフコラム
タイトル:店舗運営部エリアマネージャー 針道佳菜子
店舗運営部 石川地区エリアマネージャー 針道佳菜子
【月間テーマ】: 初心を大切にして仕事に取り組もう
【今週の質問】: 入社当時、先輩や上司にしてもらって嬉しかったことは何ですか?

私はこの4月で入社9年目になります。入社当時のことがどんどんおぼろげになり始め、
この質問を考えても、これだというものが思い浮かばなかったのが実際の所です。
ただ、感覚としては本当に楽しかった。という印象です。わたしの最初の配属先は粟島店でした。店いっぱいの花々と、次々にご来店されるお客様、優しい先輩がたに囲まれて、今考えるとずいぶん伸び伸びやらせていただき、その反面、先輩方は、辛抱強く,温かく見守ってくださっていたのだと、今、自分が教える立場になってその有難みをかみしめます。また、ストアチーフになってからは売上・接客・店作りなど要所要所で、その当時の近隣店舗の先輩やエリアマネージャーは的確に指示を与えてくださったり、悩み、迷った時も心寄り添った助言をいただいたり、このたくさんの支えがなければ自分が今 ここにいることさえできなかっただろうと本気で考えます。

そして私は昨年、石川エリアに入社した社員の一人、中山さんを教育することになりました。それまでパートさんの教育は経験がありましたが、社員ともなると販売や作業業務を覚える他に、一年後には店を任せられるストアチーフになるまでなるんだという前向きな姿勢を持ってもらえるように、仕事に取り組んでもらいました。しかし、実際は私が思うように行動で示すことができなかったり、ことらがあれこれ求めすぎて中山さんを戸惑わせたり、中山さん自身もまた年の近い先輩がいなかったためか、自分がどのように仕事に取り組んでいくか思うように描けていなかったように思います。結果、店に配属になって一か月も経たない時に彼女が仕事中に泣き出してしまう場面に遭遇してしまいました。今考えると、私が中山さんの本質を無視して、焦っていたことが原因でした。

【経営理念】:私たちは、花を通じて生きがいのある仕事を創造します。

中山さんがこの一年、いろんなことを学んできたように、私もまたたくさんの事を彼女から学ばせてもらいました。中山さんは先月も彼岸が思うように売れなかったと悔しがっていたり、せんのはがどうやったら売れるのだろうと悩んでいたり、彼女なりに次の段階の「楽しさ」「幸せ」を捜し求めている最中なのかなと思います。私は今まで先輩方にしていただいたように、彼女を支えていきたいと思います。
そして私自身、サブエリマネとして一年目の立場です。吸収できること、成長できること、本当にまだまだたくさんのことがまっています。まだまだ手探り状態の職務ですが、周りの先輩たちを見ながら、もっとチャレンジできる人材になりたいです。