日付:2014/06/02
スタッフコラム
タイトル:オペレーションセンター 白石 美雪
オペレーションセンター 白石 美雪

【月間テーマ】:報告・連絡・相談・確認を徹底しよう!
【今週の質問】:報告・連絡・相談・確認はなぜ必要だと思いますか?

 「報告・連絡・相談・確認・報告」は、よく取り上げられる重要なテーマではありますが、それでは、もしそれらがなかったらどうなのかを考えてみました。
 自分が仕事をする立場で、報連相をしないで仕事をしていく事を想像してみると、自分のしている仕事が間違っていないか、相手の意図に沿っているか、不足している事はないか、結果(成果(物))が妥当なものであるか、不安なままになってしまうと思います。
逆に、自分が仕事をしてもらう立場で想像してみると、報連相がないと、例え相手を信頼していても、仕事が正しく行われたのか、いつ終わったのか、問題はなかったのか、やはり心配になり、すっきりしない状態のままになると思います。
このことから考えると、報連相は正確な仕事をし、ニーズに応じた成果を出す為に必要なものではないでしょうか。また、もちろん、一人で進め、終えることができる仕事もあるかもしれませんが、自分1人の目や考えしか入らないので、ミスを発見しづらかったり、それ以上のレベルアップには繋がりにくかったりします。そういった意味では、仕事をより質の高いものにする為にも報連相は必要なのではないかと考えます。

【経営理念】:私達は、仕事を通じて生きがいのある職場を創造します。
 それぞれが1人で仕事を完結させるばかりでは、せっかくすばらしい人財が集まっていても、ただ“個人の集団”というだけになってしまいます。報連相を行いながら仕事を進めることで、連携が取れ、コミュニケーションがとれ、“組織”として、より力が発揮できるようになり、また一人一人組織の一員なのだというやりがい(生きがい)も生まれてくるのではないかと思います。
 もっともっと組織力を向上させ、生きがいのある職場にしていく為にも、私自身これまで以上に報連相を強めていきます。