日付:2014/09/03
社長挨拶
タイトル:JFCフィロソフィー8
     JFCフィロソフィー ~より充実した仕事・志事のために~ 考え方

【テーマ】:もうダメだというときが仕事のはじまり

物事を成し遂げていくものとは、才能や能力というより、人の持っている熱意や情熱、さらには執念です。スッポンのように喰らいついたら離れないというものでなければなりません。もうダメだ、というときが本当の仕事の始まりなのです。熱い熱意や情熱があれば、寝ても覚めても四六時中その事を考え続けることができます。それによって願望は潜在意識へと浸透していき、自分でも気づかないうちに、その願望を実現する方向へと身体が動いていって、成功へと導かれるのです。すばらしい仕事を成し遂げるには、燃えるような熱意、情熱を持って最後まで諦めずに粘り抜くことが必要です。


感想を書きましょう。また、自分の立場に置き換えて何をすべきか考えましょう。


熱意や情熱、さらには執念☆
執念へのレベルまで、理念と実現に向けてアソシエイト全員と共に、トップの責任・使命として
走り続けたいと思います。
「日本一花いっぱいの地域社会の実現に向けて」挑戦し進み成長します。
そして、熱意、情熱を持って、Never Give Upの精神で決してあきらめずに粘り続けます。新たな大きな案件があります。
必ずや成功させます。志の高さが、チャンスを呼び寄せてくれます。
出会うべく人にも会えること、ネットワークが広がること、協力者が現れる事に感謝していきます。